Dr. KOJI's Counsering Room ●Dr.孝治の診療室

【耳】音を聞く聴覚、体の釣り合いを保つ平衡覚をつかさどる器官です。

めまいが続く方は耳の検査も忘れずに。
耳の痛み
耳が痛むと、まず思い浮かぶのは、中耳炎です。鼓膜をみると真っ赤に腫れていて、耳だれが出ることもあります。診断も容易で治療方法も確立しています。
ところが、中耳炎以外でも、耳が痛くなる原因はたくさんあります。たとえば、外耳炎、虫歯、顎関節症、耳下腺炎、強い肩こり、舌咽神経痛などです。
注意しなければいけないのは、ハント症候群といって、ヘルペスウィルスが顔面神経に感染することにより、顔の表情筋が麻痺してしまう病気の初発症状でもあることです。経験のある耳鼻咽喉科医の診察を受ければ、正しい診断、治療を受けることができます。
繰り返す中耳炎
急性中耳炎は、日本の子供さんの90%は、一度はかかる一般的な病気です。中耳炎の治療方法は、確立しています。特に片側のみの中耳炎、一回で治ってしまう中耳炎は心配ありません。
ところが、3歳未満の子供さんで、中耳炎を繰り返す子供さんが増えています。特に、保育園で保育されている子供さんに多いようです。免疫の力がまだ成熟しておらず、感染に弱いほか、保育園で他の多くの子供さんと一緒にいるために細菌が次から次へと子供さんへ感染し、そうしているうちに細菌が抗生物質に抵抗力をもつようになり、難治となります。
漫然と抗生物質で治療するより、専門医に相談した方が、問題の解決につながります。
滲出性中耳炎
急性中耳炎が治り、痛みが消えても、しばらくの間、鼓膜の内側には水がたまった状態が続きます。ほとんどは自然に消失しますが、時にいつまでも水がたまった状態が続くときがあります。これが、滲出性中耳炎です。
9歳までに発症することが多く、難聴の原因となります。治療しないと将来、数学の応用問題、国語の読解問題の理解が低下するとの報告もあります。
放置すると鼓膜が壊れてしまい、癒着性中耳炎、真珠腫性中耳炎などの、重症の中耳炎へ移行することもあり、しっかり治療することが大切です。
耳だれが止まらない
急性中耳炎の耳だれは、抗生物質が効果があれば、通常一週間以内に止まるものです。なかなか耳だれが止まらないときは、鼓膜炎、真珠腫性中耳炎、慢性中耳炎の場合があります。
内服薬や点耳薬のみでは治らないことがありますが、手術や局所処置で止めることが可能です。
痛みはないが耳がつまり音が聞こえにくい・心臓の拍動が聞こえる
滲出性中耳炎の症状ですが、好酸球性中耳炎のこともあります。
喘息やアレルギーをお持ちの場合は、その可能性が高くなります。耳の中で、アレルギー反応が起こり、ねばねばした液が鼓膜の内側にたまります。アレルギーの治療と鼓膜切開で改善が望めます。放置すると内耳という音を感じる部分にも症状が及び、難聴が強くなります。
耳がつまる病気では、この他、メニエール病があります。中耳ではなく内耳の病気で、放置するとめまいを繰り返すようになるので、専門医に相談することが大切です。
自分の声が響く・耳が詰まる・呼吸の音が聞こえる
鼓膜の内側と外側の気圧が違うとこういう症状がでます。
高い山を登ったりエレベーターで高層ビルに上ったり、飛行機に乗り上昇下降の時に耳が痛くなったり、つまったりしたことがあると思います。こんな時はあくびをすると楽になることを、皆さんは経験的にご存知でしょう。耳と鼻をつなぐ耳管という管は通常は閉じていますが、つばを飲む動作をすると開いて鼓膜の内側の圧力を外の圧力と同じにしてくれます。
ところが、この耳管がいつも開いた状態になると、上記のような症状が出現し大変苦痛になります。耳管解放症という病気で専門医の治療を受ける必要があります。
めまいがする
めまいは、とても多くの原因で起こる症状です。突然始まることも多く、とても不安になるものです。原因を突き止めれば正しい治療が行え、これまで悩まされためまいから解放されることも可能です。
何をしているときにめまいが始まるか?ぐるぐる回るめまいか、ふらふらするのか?どれくらいつづくのか?めまいの頻度はどれくらいか?めまいと一緒にどのような症状があったかを教えていただくと、原因を突き止めやすくなり、検査によりどのような治療が適切かがわかります。
耳鳴りでつらい
耳鳴りはうっとうしく、気持ちも落ち込んでしまうほど、生活の質を落としてしまいます。難聴を伴っているものと、聴力は正常の場合があります。正常の人でも、全く音のないところに入るとキーンとかシーンとかなるものです。
耳鳴りも原因を突き止め、内服薬や生活指導、漢方・ホメオパシー・TRT療法など、患者様にあった治療を選択することにより改善が期待できます。
音が聴き取りにくいときがある/難聴
耳が聞こえにくいのも、困ったものです。加齢により、個人差はありますが聴力は低下してきます。加齢変化を止めることはできませんが、難聴の原因は様々で、耳かすがたまっただけでも聞こえが悪くなります。
原因がわかれば治療できる場合もありますし、補聴器の精度も向上していますので、是非あきらめずに、ご相談ください。
  • 耳
  • 鼻
  • のど
  • その他
  • Dr.孝治の診療室TOP

Dr.孝治の医療セミナー アーカイブ

朴澤耳鼻咽喉科[ほうざわじびいんこうか]