Voice ●患者様の声

患者様とそのご家族よりお寄せいただいたお手紙から、ご紹介させていただきます。

※タイトルをクリックするとメッセージがご覧いただけます。内容は一部、中略・抜粋させていただいております。

声がでる・会話ができる歓びを、取り戻せました。(70代男性、声帯萎縮症の手術)
 朴澤先生、発声ができる、会話ができる歓びを取り戻していただき、厚くお礼を申し上げます。
 進んで電話の応対をしたり、他人と会って会話を楽しんでいます。家内も喜んでいますし、孫たちも話しかけてくれます。自分ばかりでなく、周囲の人も話しかけるのを遠慮していたんだな...とわかりました。
 声を再生していただいた事は、私をはじめ、家族一同、心から喜び、厚く感謝いたしております。
ホメオパシーと出会い、前向きな気持ちで回復中です。(60代女性、顔面痛に対するホメオパシー治療)
 いくぶん残暑も和らぎ、清涼の季節となりました。先日、先生より郵送していただきましたお薬が届きました。有り難うございます。いつもお忙しい中お手数を煩わせ、大変恐縮に思っております。さらに原因の解らない、このような患者に対しても真摯に取り組んで下さり、本当に有り難うございます。頭の下がる思いで一杯です。
 この病気になって、今月で十年目に入ります。自分ではもう諦めの気持ちと、このまま一生味のない人生を送りたくないという不安な気持ちでおりましたが、先生に巡り会えて、真剣に取り組んでいただいていることに報いるためにも、必ず治るのだという前向きな自分になってきているということは、ご報告申し上げることができると思います。
 以前は油絵を描いたり、スイミングスクールに通ったりしておりましたが、ここ十年近くパッタリ止めてしまいました。さらに、家の中で育てていた鉢植えの植木20ヶ程あった物も、育てるのが煩わしくなり少しずつ捨ててしまいましたが、今月に入り、また植木鉢に入った草花を3ヶ程買い求めて育てようと思っております。
 又、今日はカルチャーセンターで教えているパン作り教室に入会してきました。少しづつ人の中に入っていけるようになり、前向きになっていることを実感しております。
 精神面においては、うつ状態から抜け出している気がいたしますが、またときどき戻るのでしょうか。さらに今度のお薬で治るのではという期待と、良くなるだろうという思いで服用させていただいております。これもひとえに先生のおかげと深く感謝いたしております。先生、本当にありがとうございます。
慢性扁桃炎の術後が、まさかこんなに楽なものとは。(50代男性、慢性扁桃炎の手術)
 先生には、この度の入院に際しまして、私の都合で何かとご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんでした。お陰様にて、術後も全く痛み・出血もなく、まさかこんなに楽なものとは予想もしておりませんでした。これも偏に先生のお陰のことと心より感謝申し上げます。
 また、ナースの皆様もいつも一生懸命に働き、笑顔で親切の看護に当たってもらえたことも合わせてお礼申し上げます。本当に有り難うございました。
退院後、アメリカでも安心して暮らせています。(40代男性、IgA腎症に対する口蓋扁桃摘出術)
 入院の際には大変お世話になり、有り難うございました。○月○日に帰米しました。お陰様で、退院後出血もなく、1月初旬には喉の方はすっかり回復しました。退院後、喉の状態を見てもらっていませんので少し不安なところもありますが、今のところ何ら支障がございませんので大丈夫かと存じます。
 帰米後、主治医の腎臓内科医を受診しました。扁摘後、尿所見に異常なく、腎機能も良好に保たれており、このまま寛解に持ち込めるでしょうと言っておりました。以上、お礼旁々、まずは経過後報告まで。
多くの悩める患者のために、これからもお力添えを。(60代女性、頚部血管腫の手術)
 お陰様にて、心置きなく安心して手術していただく事ができ、術後の経過も良好で親子共々この夏を乗り切る事ができましたこと、重ね重ね感謝申し上げます。有り難うございました。
 今年は例年にない猛暑続きで、激務でお忙しい先生におかれましては、くれぐれもご自愛下さいませ。そして多くの悩める患者のため、これからもお力添え下さいますよう、お願い申し上げます。
 同室には愛知からの新婚さんや、石川の幼子を留守宅に置いての若いママさんなどがおり、遠方からの患者さんを受け入れておられるすごさというか、チームプレーに感服いたしました。朴澤先生に出会えましたこと、心より感謝、感謝です。
説明がわかりやすく、安心して母を任せられました。(60代女性、扁桃炎の手術)
 まだ緑の少ない庭で梅の花がかわいらしく香っています。先日は母が大変お世話になりました。とても言い先生だよと、母が安心しておりました。私も先生にお会いし、説明を伺いまして、先生のお話がわかりやすく、優しく、とても安心してお任せすることができました。
落語ができる喜びを、日々感じています。(30代男性、喉頭形成術)
 先生より声帯の手術をしていただいてから三年が経過いたしました。お陰様で、声の調子は良好です。
 現在は落語の稽古をやっているところで、落語ができることの喜びを日々感じているところです。先生に感謝していることをお伝えしたく、一言書面にてお礼申し上げます。
野球部で元気に、活躍しています。(10代男性、慢性扁桃炎の手術)
 先生、昨年は、本当にお世話になりました。お陰様で、うちの子は中学校の野球部でも、1年生で秋の新人戦にスタメン出場できました。感謝しております。まだ寒い日が続きますので、風邪を引かないように、お仕事頑張って下さい。
わたしのおとうとを治してくれて、ありがとう。(男の子、気管狭窄症手術)
 『ありがたいで賞』 ほうざわ先生 わたしのおとうとのカニューレをはずしてくれて、ありがとう!!
咳が出ず、声がスムーズに出る。石を取って良かった。(50代女性、顎下腺唾石症の手術)
 寒さが厳しくなってきている今日この頃ですが、忙しく患者さんと接していらっしゃることと存じます。昨年○月、右顎下腺唾石症で入院し、手術していただいた□□です。最後の診察を終えて、現在何事もなく元気に過ごしております。
 このように順調に生活できておりますことも、先生が暖かく入院手術を受け入れて下さったお陰と思い、感謝の心でいっぱいです。看護師スタッフの皆様にも親切にして頂き有り難うございました。
 今、石をとったことで咳は出なくなり、声もスムーズに出ています。口の中に異物があることでどんな影響があるのかも知り、現代の医学の素晴らしさにも感動しております。本当に有り難うございました。
異郷の地で、何度も勇気づけられました。(20代女性、めまい)
 この度は、娘の対応に一方ならぬご厚情を賜り感謝に耐えません。子を思う親の気持ちはいくつになっても変わりません。異郷の地での体調不良で悪い方へのみ思いが進み、恥も外聞もなく先生方におすがりした次第です。
 先生の的確なご教示で何度勇気づけられたことでしょう。本当に有り難うございました。お陰様で元気に奈良に戻れそうです。改めて感謝申し上げます。
扁桃炎の術後、長年の不調まで楽になり感謝。(40代女性、扁桃炎日帰り手術)
 桜の花が待たれます候、ご清祥の事と存じます。日頃は大変お世話になりまして、又過日は扁桃の手術をして頂きまして有り難うございました。
 お陰様で、長年不調でした微熱がずいぶん軽減され楽になって参りまして、喜んでおります。重ねて、御礼申し上げます。
肉体的に良くなると、精神的にも良くなると実感。(70代男性、反回神経麻痺手術)
 入院中は先生方をはじめ、看護師さん、皆様方に大変お世話になりました。お陰様で、声も出るようになりました。声によるコミュニケーションの便利さと大切さが初めて分かりました。
 紹介して頂いた先生から、"手術前に比べ、ずいぶん明るくなりましたね"と言われました。肉体的に良くなるということは、精神的にも良くなることなのだと感じた次第です。
 今回の手術で感じたことですが、手術前は大変不安でした。しかし、先生の手術内容の事前、術中、事後の丁寧な説明で、不安はだんだん無くなっていきました。それは、先生の医術に対する確かな知識と技術があってこそだと深く感じた次第です。それ以上にそれを可能にした先生のお人柄だと思いました。
 与えられた仕事を通じて、社会に貢献できる事を考えますという先生のように、その仕事に全力投球することが一番だと思いました。
息子だけでなく、家族も長い苦しみから解放されました。(20代男性、喉頭外傷手術)
 この度は、息子の喉を治療して頂き有り難うございました。
 6年前、元気なごく普通の高校生だった息子は、早朝アルバイトに行く途中、自転車のまま、相手方の一方的なミスで後ろから車に追突され、路上に投げ飛ばされました。それ以来まったくの別人となり、多くの障害を抱えもつ身になってしまいました。その間、気管切開した穴がふさがらないという、さらに苦しい苦しいの連続の日々でした。(中略)
 前にもお話したとおり、○○大学、□□病院、△△大学でも治ることは難しいといわれ、それはインターネットでリサーチして回答をもらったドクターも同じでした。この事実を受け入れなければならないかと、息子の将来を考えると胸がつぶれる思いでした。
 専門でおられる朴沢先生に受診するようにと紹介されましたところ、朴沢先生は、その場で手術してみましょうとおっしゃいました。もう治らないとあきらめておりましたので、暗闇に一筋の光が見えた思いでした。
 しかし今までの苦しい体験から、嬉しい思いと不安な思いが入り混じったのも事実です。年単位の重苦しい長い入院生活を予測していましたが、今回こんなに早く無事退院できる日を迎えられることになり、信じられない思いです。何とありがたいことでしょうか!!気持ちはどう言いあらわしてよいか、分かりません。朴沢先生のおかげで、息子の、そして我々家族も、長い苦しみから解放され新しい生活をスタートさせることができます。
 最後に、治療の他に感謝したいことがあります。先生が後遺症を理解しながら、息子を軽視することなく、一人の人間として尊重し、対応して下さったことです。このことは親としても、とても嬉しいことです。本人も先生が丁寧に、優しく、そして自分の目をみて話してくれることに感動し泣きました。多くのドクターは障害者でどうせ理解できないと思うからでしょうか、当の本人はさておき、親にばかり大切な話をしてきたように思います。息子は長いこと、そうゆう部分でも傷ついていたのだと知り、ハッとさせられました。
 今回いろいろな意味で朴沢先生のレベルの高さに驚き、同時に感謝の思いでいっぱいです。有り難うございました。
朴澤耳鼻咽喉科[ほうざわじびいんこうか]