生理の周期によって、女性の体調は変わりますね。
これは、二つの女性ホルモン、卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)が規則的に増えたり、減ったりするからです。女性ホルモンは子宮だけでなく、脳を含めた全身の臓器に作用します。ですから、生理が起こるだけでなく、体全体に変化が起こり、生理前にイライラするなど気持ちも変化します。

更年期のホルモンのアンバランスが、体全体の症状をもたらすのも当然ですね。

.

.
30代は、オプティマルエイジと言って、ホルモンバランスは一生で最もいい状態です。体調が良く、何にでも積極的に挑戦し、毎日を謳歌できます。

40代になると、生理があるのに排卵がなくなることがあり、卵胞ホルモンに対して、黄体ホルモンが低下します。卵胞ホルモンが優勢になると、体重が増えたり、お腹に脂肪がついたり、むくみ、乳房のはれ、イライラ、慢性疲労、不眠、考えが朦朧とするなど、前更年期の症状が出ます。

そして、50代になり生理が止まると、卵胞ホルモンも低下し、ほてり、寝汗、うつ、膣の渇き、物忘れなどの症状が起こります。

憂うつな症状は、ホルモンで、ほとんど説明が可能です。

ホルモンに操られることに、もう、うんざりしませんか? 
ホルモンを味方にすれば、30代のように、もっと健康に美しく生きることも可能です。
でも、ピルなどの合成ホルモンを使用すると、副作用で体調が壊れてしまいます。

最近の医学の進歩により、食事、睡眠、運動など、ちょっとした毎日の生活の工夫で、ホルモンバランスを保つことが可能になりました。また、サプリメントや天然ホルモンなど副作用の少ない自然療法で、少なくなったホルモンを補い、不快な症状を解消することもできるようになりました。

ラジオを聴きながら受験勉強していた頃、城達也のジェットストリームが終わる時間に決まって流れるCMのフレーズが、未だに耳に残っています。

暗いと不平を言うより、進んで光をつけましょう。

ホルモンの不調にやられっぱなしになるより、ホルモンをコントロールし、若々しい活力を取り戻しましょう。

女性のための最新のアンチエイジング医療をご紹介します。
40代以上の女性の方に、是非、聞いていただきたいセミナーです。
おまたマスターの高橋啓子さんの実践を交えたセミナーも楽しみです。
どうぞ、お気軽に、ご参加ください。
院長
.

セミナー詳細はこちらをご覧ください▼
開催日時:2018年4月14日(土) 14:00〜16:30
《更年期から若返る、女性ホルモンの秘密♡》
http://tree-of-life.jp/blog/2018/02/15638

朴澤耳鼻咽喉科スタッフ (2018年4月 5日 09:38)

朴澤耳鼻咽喉科&統合メディカルケアセンターTree of Life ニュースレターVol.57

 

.

特集:吃音(きつおん)のお話

 

新たな環境でもイキイキ活躍するために、

吃音について正しく理解しましょう。

吃音の方も、その周りの方にも読んでいただきたい記事です。

--------------------------------------------------------------------------

* 2018.5/19(土)吃音座談会を開催します! *

当院で吃音症と診断された高校生以上の方が対象です。 

詳細は、以下のURLからご確認ください。

http://tree-of-life.jp/blog/2018/03/15716

--------------------------------------------------------------------------

..

また、サプリメントアドバイザー通信は、冬から春へ体をリセットできる

栄養についてお伝えします。

ぜひ、4月号のニュースレターお手にとってご覧ください。.

 

     今月号のニュースレターコンテンツ     

.

特集『吃音のお話』              

【NRサプリメントアドバイザー通信】by 岩間   

春の栄養学「冬から春へ体リセット」


日本ホリスティック医学協会仙台事務局主催セミナー
  4/14(土)【更年期から若返る、女性ホルモンの秘密♡】

* この春よりリニューアル!自律神経改善プログラム

--------------------------------------------------------------------------

クリニックで拡大してご覧いただけます。

newsletter_omote30.4.jpgnewsletter_ura30.4.jpg

朴澤耳鼻咽喉科スタッフ (2018年4月 3日 16:47)

スギ花粉の飛散量は、昨年の夏の天候に左右されます。

昨年の宮城県は7月が暑く、8月は長雨の冷夏でした。

どちらの影響を重視するかで、今年の飛散量を例年より多いとする気象庁と、

少ないとするウェザーリポートなどの民間機関で意見は大きく割れていました。

実は、仙台では例年より1ヶ月半も早い1月16日に花粉が飛び始めました。

杉の芽を見ても、大分赤くなっており、やはり沢山飛びそうな気配でした。

そして、急に暖かくなった3月14日ホワイトデイから、ここ数年なかったスギ花粉の大量飛散が始まりました。

右下の図は、環境省花粉観測システムはなこさんの、3/10から3/17までの花粉飛散数の推移を示しています。

スクリーンショット 2018-03-22 21.22.56.png

ふりきれるばかりの飛散量が観測されています。

この傾向は、寒くなった今週も続いています。

今年初めて、症状が出たという患者様も多くいらっしゃいます。

体質改善を受けられて、ここ数年症状が全く出なかった方も、今年は症状が出てしまい、再受診されることもありました。

体質改善をすると、吸い込んでも症状が出ない花粉の量が、徐々に増えて行きます。

このスピードが人によって異なり、1年で症状が出なくなる人もいれば、5、6年かかる方もいらっしゃいます。

平均すると3〜4年で、症状が出なくなることが多いのですが、

今年のような極端な大量飛散が起こると、症状が再発してしまいます。

日本スギは、戦争直後に植えられたものが多く、樹齢が古くなってきています。

樹木にも、生殖年齢があり、大きなスパンで見ると、徐々に花粉の量は減っています。

今年のような飛散量は、特殊と言えるでしょう。

今年のような事態に備えて、症状が楽になっても、3年以上は体質改善を続けていただくのが、安心です。

4月中旬まで、飛散が続きそうです。

あと一ヶ月、がんばって乗り切りましょう。

院長

hozawa (2018年3月22日 21:23)